So-net無料ブログ作成

あおきさん、お蕎麦の専門冊子を愛読する [お蕎麦のある風景]

この日は天王寺で散髪したあと、“あべちか”にある冨士屋さんで昼食。
天丼セットをいただきました(890円)。

我がバイト先もそうですが、やはりお客さんの年齢層は高め。
こういう方達にお蕎麦屋さんは支えられているんだなぁーと、あらためて思う。

010907fujiya1.jpg010907fujiya2.jpg

そして、こちらに来店したもう一つの目的は、「季刊 新そば」という小冊子をいただきたいがため。

名古屋の北白川書房が発行し、全国の名立たる老舗蕎麦屋さんで結成されている「全国新そば会」の加盟店で配布されています。
昭和35年創刊の歴史ある雑誌で、お蕎麦にまつわるあれこれが掲載されていてなかなかに楽しい内容。
著名人のエッセイなどは文庫化もされている。

010907fujiya3.jpg010907fujiya4.jpg

古いバックナンバーがネットオークションに出ていた。
そんなに欲しいか?と自分の心に問いかけつつも、ここ数日、入札しようかどうか迷っております。

タグ:天ぷら そば
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 9

コメント 2

あとりえSAKANA

悩むぐらいだから…高いのですか??
ネットオークションでないと入手できない本なら
入札するのはアリ、ですよね☆
縁があったら手に入ります(^ω^)
(時に競り負けると悔しい気持ちも湧きますが。)
by あとりえSAKANA (2019-09-20 17:29) 

あおき

SAKANAさん、おはようございます。
高くはないのですが(いや無料配布されていたことを思えば高いか)、なんとなく収集意欲が高まりそうなのが恐ろしいです。
気持ちの中でライン引きしながら慎重に検討したい思います。大げさですね。
by あおき (2019-09-21 07:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント