SSブログ
霊場を巡る ブログトップ
前の10件 | -

【神仏巡拝】石上神宮(いそのかみじんぐう) [霊場を巡る]

[奈良六番]2019年12月9日 奉拝 (奈良県天理市布留町)

奈良滞在の機会を利用して巡拝。
天理大学前でバスを降り、だいたいこの辺りだろうと思った方に歩き、見つける。

isonokami1.jpgisonokami2.jpg

第10代崇神天皇の御世に創建という最古級の神社。
当宮伝来の宝刀七支刀(国宝)というのも教科書かなにかで見た気がする。

isonokami3.jpgisonokami4.jpg

伊藤若冲の絵に描かれていそうな立派な鶏が境内で放し飼い。
鶏は天の岩戸が開かれた時に鳴いていた御神鶏という位置付けで、ここでは特に崇められているようです。

isonokami5.jpgisonokami7.jpg

参拝の帰り道、天理教本部の前を通過。
御神殿と呼ばれる大きなお堂を初めて見ましたが、立派です。

また、お馴染みの黒い法被の人が、幼稚園小学校終わりの子供達を連れている姿を何人も見ました。
表面的にはある種の異様な趣もある町ですが、そこにはどこにでもある生活風景があり、皆さんごく平穏に幸せそうにお暮らしです。宗教都市ってものが身近に感じられました。

isonokami6.jpg

帰り際、そういえば子供の頃ここまで歯の矯正に来ていたことを思い出し、まだその歯科医院あるのかなーと、そんな昔々を思い出しながら駅のホームから天理の町を見ていました。

nice!(17)  コメント(0) 

【神仏巡拝】三輪明神 大神神社(おおみわじんじゃ) [霊場を巡る]

[奈良八番]2019年12月7日 奉拝 (奈良県桜井市三輪)

毎年、酒造会社の人が集まってお参りしている様子をニュースで見ますが、それがここ。酒造りの起源、杜氏の祖のような神話があるという格式の高い一之宮です。
友人はこの全国一之宮巡拝をやっている……満願が大変だ。

miwa1.jpgmiwa2.jpg

駅に降り立ち、お昼どこにする?と物見遊山気分でしたが、鳥居をくぐると少し身の引き締まる雰囲気があります。
なお、道路を跨ぐ大鳥居があるのですが、我々は電車だったのでくぐらなかった。

参道を進み、正面の大きな建造物が拝殿。ご神体である背後の三輪山を拝するためのものです。パンパンと拝礼。

miwa3.jpgmiwa4.jpg

参拝を終えて、お昼にしようと。
駅から来るとき、通りを挟んだ2軒が良さげだったのでそのうちの1軒「万直し」に。

miwa5.jpgmiwa6.jpg

やっぱり三輪素麺は外せない。
ネタは今朝釣ってきたばかりだという大将と他の客との会話を聞いて、我々もそのにぎりのセットをかぶせて注文。
三輪明神をお参りして三輪素麺を食べる、こういうのが巡礼の楽しいところですね。お互い良きお参りでした。

nice!(16)  コメント(2) 

【神仏巡拝】大和神社(おおやまとじんじゃ) [霊場を巡る]

[奈良七番]2019年12月7日 奉拝 (奈良県天理市新泉町)

同居の友人もなんやかんやの巡礼をやっているので、じゃあお互いの近くの札所まわる?みたいなことから一緒に。
近くの喫茶店でモーニングをしたあと出発(喫茶リッチ)。

ooyamato1.jpgooyamato2.jpg

紅葉も見頃は過ぎたかと思っていましたが、散った黄葉の絨毯もいい見栄え。

JR桜井線長柄駅から歩いて5分10分、大和(おおやまと)神社です。読めなかった。

ooyamato3.jpgooyamato4.jpg

石碑を見て、へぇーと思いました。
なんでもここの御分霊が戦艦大和に祀られていたそうです。もちろん、イスカンダルに飛んでいかない方のです。
で、なんで祀られていたのかというと、昔々は遣唐使の航海の安全もこの神社で祈願されていたという由緒があってのことのようです。

ooyamato5.jpgooyamato6.jpg

私も広い意味で航海中、よく拝んでおきました。

次は友人の方の巡礼地を目指す、歩いて20分ほど、長岳寺です。

ooyamato7.jpgooyamato8.jpg

友人は「ボケ封じ」の仏さまを拝むのにえらく熱心。
ご両親も高齢で……ん?わが身か?

ooyamato9.jpgooyamato10.jpg

自分の札所ではないと、なんとなくお参りも観光寄りに。
友人を尻目にキョロキョロと。
お!血天井?あまり重々しさの感じないタイプですね。

ここは山門もお堂も立派でしたし他に重要文化財も多いようです。
友人を介して由緒あるお寺といいご縁ができました。

nice!(15)  コメント(0) 

【神仏巡拝】信貴山(しぎさん)朝護孫子寺(ちょうごそんしじ) [霊場を巡る]

[奈良十七番]2020年1月11日 奉拝 (奈良県生駒郡平群町)

JR王寺駅からバスで20分ほどで信貴山山頂へ。
三十数年ぶりの参拝。門前の「大寅」は今も鎮座していた。
寅の由縁は未だよくわかっていないが、なんだかめでたい。

shigisan1.jpgshigisan2.jpg

初詣という人も多いのか、小さいお子さん連れの参拝者もいてどことなくまだお正月の雰囲気がある。

shigisan3.jpgshigisan4.jpg

ご本尊は毘沙門天。
「おんべいしらまんだやそわか」マントラを上杉謙信にでもなったつもりで唱え、合掌。

shigisan5.jpgshigisan8.jpg

先日の今宮戎のおみくじは「凶」だった。
験が悪いので引き直す。
で、大吉。
先日の「凶」を差し引いてもお釣りがでる。

shigisan6.jpgshigisan7.jpg

帰りにバンジーは飛ばず、横の茶屋で「名物山菜いなり」を食べて参拝終了。
よきお参りでした。

nice!(12)  コメント(0) 

【神仏巡拝】丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ) [霊場を巡る]

[奈良二十九番]2019年9月15日 奉拝 (奈良県吉野郡下市町)

昨年、元興寺とともに新たにこの霊場会に加わった当神社、洞川温泉へ行くにあたり参拝する機会に恵まれました。

以前、神社の前を通った記憶があるので道なりにあると思っていましたが、綺麗なバイパスが出来たため通過してしまい、旧道を少し引き返しての参拝です。

nyushimo1.jpgnyushimo2.jpg

鳥居をくぐるとすぐに御神馬がお出迎え……いやお休み中でいらっしゃる。
もう一頭黒い御神馬もいますが、なんでも雨乞いには黒馬、晴れ乞いには白馬が献納されるらしい。

早速、拝殿へと進み、本殿へと続く登り廊下が見えて、なにやら特別威厳のありそうな造りですが、神主さんらしき人が団体さんに講話をされていたので、拝殿には上がらずお参り。

nyushimo3.jpgnyushimo4.jpg

こちらの神社は御由緒によると、天武天皇の御世に御神託があって創建され、御祭神は闇靇神(クラオカミノカミ)とあります。
看板にも「日本最古 水の神さま」とありましたので、貴船神社のように水神信仰のあるお社のようです。

nyushimo5.jpgnyushimo6.jpg

神社の目の前には丹生川の綺麗な水の流れ。
我々、時には水害にも見舞われますが、やはり水の恩恵なしには生きていけません。感謝ですね。

nice!(7)  コメント(0) 

【新西国三十三】高野山 御衣寺(おころもでら) 宝亀院(ほうきいん) [霊場を巡る]

[第六番札所]御衣観音 2019年8月11日 奉拝 (和歌山県伊都郡高野町)
御詠歌:こうやさん みねにかがやく ともしびは よろずよきえぬ ひかりなりけり


金剛峯寺の正門から歩いて5分10分、霊宝館の先の少し奥まったところに寺院はあります。
御衣寺とありますので、ここは大師さまの法衣をお世話されているようです。
奥の院に大師さまがおられて、僧侶が毎日欠かさず食事の用意をなさっていることはよく知られていますが、衣食住の衣をお世話されているところがあるのはこの日知りました。

houkiin1.jpghoukiin2.jpg

まずは本堂脇にあったお堂で手を合わせ、般若心経を唱える。
手前の井戸は、献上する法衣の染色にもつかわれている霊験あらたか御水ということで、汲んでおられる方も。

本堂の方にも上げていただき、昼なお暗きお堂の一室で仏壇に向かい合掌。ご本尊でしょうか。

のちほど気配で気付きましたが、さらに暗い奥の仏間で女性の方が熱心に小声でお経を唱えておられた。いろいろな想いでもって手を合わせておられる方がいます。

houkiin3.jpghoukiin4.jpg

参拝を終えて、昼食は近くの「天宏」という古民家を利用したお蕎麦屋さんへ。
高野山らしく、二人とも自然に精進蕎麦(1,500円)を注文。
十割そばとごま豆腐とお出汁で焚いた芋やら牛蒡やらのセットをおいしくいただく。

houkiin5.jpghoukiin6.jpg

食後は根本大塔のある境内で、金堂を御参りしたり、経蔵を押し回したりと。
三葉の松葉を見つけると幸せになるとかで有名な「三鈷の松」を見ながら、私は金堂の階段に腰掛けしばし休憩。
友人の和尚さんがこの炎天下の中ずっと探してる、聖地で死ぬ気かいな……

houkiin7.jpghoukiin8.jpg

コーヒーを飲んでクールダウンしたあとは、おびただしい数の墓標を見ながら杉木立の参道を歩き、弘法大師さまのおられる奥の院へ。
人生の節目に友人と高野山に来られたことに感謝です。合掌。

houkiin9.jpg010811kouyasan3.jpg

帰り際、ジャパニーズ三ツ星レストランを発見。
縁あってまた来ることがあれば、ここで食事をしたいなー

nice!(10)  コメント(0) 

【神仏巡拝】高野山真言宗 総本山金剛峯寺(こんごうぶじ) [霊場を巡る]

[和歌山十三番]2019年8月11日 奉拝 (和歌山県伊都郡高野町)

極楽橋駅に着くと風鈴の涼しげな音に出迎えられる。
風鈴の下をくぐり抜け、新しく導入されたケーブルカーに乗車。
すごい急勾配。車両の形もちょっといびつ。

kongoubuji13.jpgkongoubuji5.jpg

ケーブルカーの高野山駅に降り立ちすぐさまバスに乗車。
山内に入りまずは金剛峯寺を参拝。
言わずと知れた真言宗の総本山。
でも、総本山の金剛峯寺とは山内全体のことを指すので(一山境内地)、バスに揺られている時すでに境内に足を踏み入れていたことになります。

kongoubuji15.jpgkongoubuji16.jpg

となると、広すぎてどの場所で手を合わせれば?ということになりますが、とりあえず目の前の大玄関で合掌。ちょっと間が空きましたが、無事に又来られてよかった。

前回に見られなかった関白豊臣秀次公自刃の間と、蟠龍庭をようやく見学できました。各襖絵と枯山水のお庭はすばらしかったです。

kongoubuji17.jpgkongoubuji18.jpg

見るべきものを見たあとは、大広間でお茶をいただきながらお坊様の説法を拝聴。
終わって廊下で“こうやくん”になる。和尚よ、写してちょ。

kongoubuji19.jpgkongoubuji20.jpg

入口で預けていた御朱印帳を受け取り、参拝終了。
最後に見学した庫裏(台所)は昔のまんまらしくて、釜3つで2000人分のお米を炊き、食べ物を保管する知恵、ネズミ返しの工夫などには感心した。なお、この庫裏は今も時々行事などの際に使っていて現役だそうです。
和尚さんも興味津々、よき拝観でしたな。

kongoubuji21.jpgkongoubuji22.jpg

nice!(9)  コメント(0) 

【西国三十三】高野山真言宗 総本山金剛峯寺(こんごうぶじ) [霊場を巡る]

[番外霊場] 2019年8月11日 奉拝 (和歌山県伊都郡高野町)

得度を受けたという友人と高野山詣。
奈良市内在住の彼には、前日我が家に泊まってもらい朝一番高野山に向かう。

kongoubuji1.jpgkongoubuji2.jpg

前夜は洋食(塩分大丈夫?)を、当日朝は高野山では食べるところがないだろうと思い、駅でぱっとサンドイッチと白バラコーヒーを。
6時2分発の電車だったので、橋本には7時前に到着。赤備えの電車に乗り換えれば、もう景色は“お山”。
二人で「お大師さん、よぉーこんな山深いところにお寺開かはったよなー」と驚嘆する。

kongoubuji3.jpgkongoubuji4.jpg

極楽橋に着き、新しくなったケーブルカーに乗って高野山に降り立ったときは8時。これなら十分にお山を散策できます。

kongoubuji14.jpgkongoubuji6.jpg

バスは女人堂の前を通過。昔々は女性の入山はここまで。

バスを降りると、友人はずんずんとおみやげ屋さんの方へ。経本を買うんだとか。
電車の切符の割引特典で仏像のフィギィアも3つ4つ購入。
趣味嗜好はいいとして、帰るときでもよかったのでは……

kongoubuji7.jpgkongoubuji8.jpg

まずは金剛峯寺を参拝。
私は西国三十三所観音巡礼満願のお礼参りも兼ねております。

kongoubuji9.jpgkongoubuji11.jpg

昼食後には、金堂と奥の院でも御礼をば。6年越しですね。なむなむ。

kongoubuji10.jpgkongoubuji12.jpg

nice!(7)  コメント(0) 

【神仏巡拝】元興寺(がんごうじ)/ 極楽坊 [霊場を巡る]

[奈良三十番]2019年8月3日 奉拝 (奈良市中院町)

昨年、ここ元興寺と丹生川上神社下社が巡拝寺院として追加されたことで、この巡礼は150から152社寺に。(さらに満願が遠のくなぁ……)
でも、この近くで昼食を食べたので早速この機に再訪参拝。
38度とか39度の炎天下らしいので、とにかく奈良の地で死なないようにと日陰を歩く。

gangoji1.jpggangoji2.jpg

この暑さの中、受付のおじさんが涼しい場所があるのでお休みくださいと優しいお声掛け。
お言葉に甘えて、御参りもそこそこにその場所でしばらく涼む。

汗が引いたので境内をもう少し散策。
あの熱そうな屋根に見える赤や黒の屋根瓦は、飛鳥時代の瓦らしくて現存する日本最古の瓦なんだとか。
こういう灼けるような日差しと凍えるような寒さを、1,300シーズンくらい繰り返し受けてきたのかと思うと、すごい耐久性だ。

gangoji3.jpggangoji5.jpg

あまりうろうろする気力もなく、いただくものをいただいて退散。
御朱印帳に直接書いていただくスペースがないので紙で受領。

御参りを済ませて、また休憩場所を求めて“ならまち”を歩く。
途中の郵便局で風景印もGET。図柄は先ほどの元興寺です。局の建物はコンクリートの打ちっ放しでモダン。古い町並みにも意外と違和感のない感じ。

gangoji6.jpggangoji7.jpg

その後、南に歩いて数分「鹿の舟」に到着。
「くるみの木」の石村由起子さんの手がける複合施設。
飲食店とともに、いろいろな交流や文化の発信の場としても注目されています。
この日は「囀(さえずり)」の方で「鳥取の工芸と食」が紹介されていました。

gangoji8.jpggangoji9.jpg

いい包丁といい木のカトラリーがあったなーほしいなーと誘惑に耐えつつ、ひとまずカフェで休憩。
木苺のソーダだったかな、甘すぎずシュワシュワッとしていて生き返りました。

gangoji10.jpg

nice!(7)  コメント(2) 

【神仏巡拝】法興山(ほうこうざん) 中宮寺門跡(ちゅうぐうじもんぜき) [霊場を巡る]

[奈良十四番]2019年8月3日 奉拝 (奈良県生駒郡斑鳩町)

古い土壁と堀や水路がある通りは、いにしえの里の様子を思わせる風情ある趣き。
うごうごと元気そうな、いや暑さに喘いでいる?ザリガニも発見。

010802nara2.jpgchuguji2.jpg

夢殿の奥隣に中宮寺の御門があります。
入口で御朱印帳を預けて、中を見学させていただく。
観るべきものは写真にあったあの御仏でしょう。

chuguji3.jpgchuguji4.jpg

お堂に入り、女性職員の方にこれから説明の音声を流しますと案内があり、椅子に一人腰掛け、目の前でアルカイックスマイルを浮かべ半跏で思惟されている菩薩様をじぃーと見る。
艶やかで均整のとれた身体つきと、なんとも柔和で神秘的な表情であります。
日本最古の刺繍とされるものの説明も聞き、推古天皇の頃なら1,400年以上前かぁーと思いながらその写真もまじまじと観察。

chuguji5.jpgchuguji6.jpg

ここが尼寺ということもあるのでしょうか、境内に詰めておられる方々は皆女性職員さんでした。
その方達から帰りに御朱印帳を受け取り参拝終了。
御朱印帳には亀さんも。
お堂の池は工事中で水が抜かれていたので、残念ながら亀さん達はどこかにお引っ越し中だったようですね。


以上で斑鳩の里巡礼はおしまい。
ほんとうはもう少し里を歩き周り、法輪寺と法起寺を参拝し、藤ノ木古墳も見ておきたかったし、何よりも法隆寺の宝物の数々はきちんと隈なく見学したかったのですが、奈良市内で昼食の予約を入れてしまっていたので致し方なし。
それに午前中でさえ恐ろしい暑さ、バス停でバスを待つだけでも地獄だったので、どのみち里の散策は厳しかったでしょう。
いつか秋の夕暮れなんかに歩いてみたいと思いましたが、それでも、里の真夏の朝の雰囲気を少しは味わえたかと思うので、やはり早起きして来てよかったです。

nice!(7)  コメント(2) 
前の10件 | - 霊場を巡る ブログトップ