SSブログ
映画館に行こう ブログトップ
前の10件 | -

時をかける少女(1983) [映画館に行こう]

020529tokikake1.jpg【鑑賞日】 2020年5月29日
【映画館】 シネマ尾道
【キャッチ・コピー】
「だれ!?……誰なの。」
【映画全体の印象】 (^▽^)
【感想】
映画館で鑑賞したのは実に37年ぶり。
原田知世さんが原田知世ちゃんだった。確かデビュー作なので当たり前でしょうけど、実に初々しい。それと勝ち気でしっかりした女の子キャラはなんか角川っぽい感じ。あと岸部一徳さんも若かったなぁ。

細かいところでは、教室内がえらい密集しているなーとか、土曜日は半ドンだったなーとか、学校の焼却炉はボンボン火が燃えていたよなーとか、昭和を感じられるシーンが満載でとても懐かしい気持ちになりました。

作品の演出でいえば、なにか不思議で不穏な場面の描写や郷愁を感じる描写は秀逸、アニメーションで効果を強調したりするなど、なかなか斬新な手法でやはり大林さんは類い稀なる才能の持ち主だったんだなーと思う。

自分自身が最近尾道市民になったこともあるし、先日、監督が亡くなられたことも相まって観る前から少し感慨もありましたが、今回じっくりとあらためて観れば、切なくてノスタルジックでこれは記憶に残る映画です。
エンドロールが終わり場内が明るくなって、心の中でパチパチパチッと拍手。昭和万歳!でした。


そして、この日は島に移住してから初めての映画鑑賞。船で映画館に行くのも初めて。それが尾道の映画館で大林監督の尾道三部作の一つというのも何かの巡りあわせでしょうか。

020529tokikake2.jpg020529onomichi2.jpg

外観に古めかしさはありましたが、場内は座席も綺麗でシネコンを思わせる雰囲気。入場制限などもしていたのでしょうか、三密対策もバッチリです。

020529onomichi3.jpg020529tokikake4.jpg

観終わって商店街の方を歩けば、蒲鉾屋さんの前にも大林さんに対する追悼文のパネルが。多少のなんやかんやはあったものの、監督も尾道を愛していたんでしょうし、尾道の人も監督と作品を愛されているのでしょうね。

020529tokikake6.jpg020529tokikake7.jpg

おみやげはここのかまぼこ(天ぷら)にしました。
以上、尾道胸キュン映画鑑賞でした。

nice!(13)  コメント(2) 

1917 命をかけた伝令 [映画館に行こう]

020301.jpg【鑑賞日】 2020年3月1日
【映画館】 イオンシネマ高の原
【キャッチ・コピー】
走れ。
【映画全体の印象】 (^_^)
【感想】
新型肺炎でやいのやいの言われている最中ですが、全編ワンカットという売り文句に反応して映画サービスデーに映画館に。そんなん撮れるんか?と興味津々の鑑賞です。

まだ陽の高いうちに将軍から密命を受けた伝令が、夜を明かして次の日の朝に目的地に着いたのだから厳密にはワンカットでないのかもしれないが、それでもよく撮ったもんです。

メイキングを知らないので想像で物を言うしかありませんが、大きな水たまりや川を横切るシーン、俯瞰で戦場を捉えるシーンなどはドローンか?と思いましたが、じゃあ全編ドローン撮影かと問われれば違う気もする。

また、前から後ろから横からと縦横無尽のカメラワークでしたが、塹壕やトラックの中のシーンなんかは、カメラマンやスタッフの立ち位置がどこでキープされているの?と思うところも。不自然に人がスカスカであったり、人が追いやられる様子も無かったので、どうやって撮ったのかな?と考えました。

そしてこの撮影だと、ともすれば主人公目線のゲーム感覚になってしまいそうですが、しかし人間ドラマの部分も疎かにされていなくて、短い時間軸の中で、兵士の感情の揺れ動きや想いの募っていくところなんかも描かれてあるので、人間的な厚みの加わった体験型戦争映画に仕上がったという感じでしょうか。


映画鑑賞後は、しばらく住宅街の方を歩いて、手作りソーセージが評判のお店へ(パパ・ド・ウルス 丘の上食堂)。

02030101.jpg02030102.jpg

映画おもしろかったなーと余韻に浸りながら、ソーセージランチをいただく(1,300円)。
映画も食事もいいものだと、すごく得した気分に。よかったよかった。

nice!(14)  コメント(0) 

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け [映画館に行こう]

011228.jpg【鑑賞日】 2019年12月28日
【映画館】 福山駅前シネマモード2
【キャッチ・コピー】
すべて、終わらせる。
【映画全体の印象】 (^_^)
【感想】
ディズニーになってからの2作に少々ついていけないところもあったのですが、完結と言われるものを観て、そんなとこにそんなものが……またあいつが……そんな関係が……と、これまでよくわからなかった部分も明らかになりスッキリしました。
確かにいろんなものを押し込んで強引に着地した感じもありますが、EP6、EP3観終わったあとの感動が再びです。
普遍的なテーマですし、過去作も大事にしながらディズニーの強みみたいものも打ち出せたのかなーと最後は拍手したい気持ちになりました。
私が子供の時から40数年ですか、感慨深い。長い間楽しませてもらいました、ありがとう!ですね。



今回JR福山駅前の映画館で鑑賞しましたが、お客さんは私を含めて8人でした。
封切られて1週間ほどしか経っていない人気の作品のはずだけど、いったいどうしたことか。福山の人はあまり映画を観ないのだろうか。
ちょっと戸惑いましたが、でもおかげでゆっくり快適に鑑賞できました。

01122801.jpg01122802.jpg

求職活動中、少しモヤモヤとした気分もあったのですが、映画を観て少しばかり元気をもらえた気がします。
旅先で見る映画はいいなー。

nice!(6)  コメント(0) 

ジョーカー [映画館に行こう]

011031.jpg【鑑賞日】 2019年10月31日
【映画館】 OSシネマズミント神戸
【キャッチ・コピー】
本当の悪は笑顔を中にある
【映画全体の印象】 (・_・)
【感想】
話題になっていたとおり、アメコミものとは思えないようなダークでシリアスな部分が色濃い異色作。
バットマンのスピンオフで一応少年ブルース・ウェインも登場するのですが、ホアキン・フェニックスの鬼気迫る演技の印象が強すぎてもうサイコパス映画でしかなかった。熱狂的(狂信的)なファンが現れたのもちょっとうなずけます。
ストーリーとしてはそれほどおもしろいものではなかったけれど、人の壊れていくさまは丁寧に描かれてあったので、そこはジョーカーの悪のカリスマ性を際立たせることには成功したのかなと思います。やっぱり悪党も悪党なりの深みのある魅力が必要ですよね。

タグ:2019年映画
nice!(5)  コメント(0) 

GODZILLA キング オブ モンスターズ [映画館に行こう]

01060101.jpg【鑑賞日】 2019年6月1日
【映画館】 TOHOシネマズ梅田
【キャッチ・コピー】
王〈キング〉の覚醒。
【映画全体の印象】 (・_・)
【感想】
映画サービスデーだしなんぞ観ようかと、こちらを。

逆輸入ものといえば、がっかりという評価も多いように思いますが、だいたい外国人が製作しているのに我々もよくわからない期待感を持ちすぎているような気も。

そもそもゴジラやガメラなどの怪獣ものって、子供ながらにワクワクして観てはいましたが、大人がそんなに熱狂するほどのものだったか、むしろ子供じみたゆるい作りも温かい目で許容していたところも多分にあったように思うですが。
そう考えると近年のものは大人の楽しませることにも苦心しているような感じですが、なかなかその心には響いていないというのが現状でしょうか。

さてこの先、キングコングと戦わせたり、ミニラやメカゴジラやなんかが出てきてエスカレートしていかないかちょっと心配ではありますが、とにかくハリウッドらしいド派手なすごい怪獣バトルでありました。


映画を楽しんだあとは、梅田界隈をぶらり。
お初天神の緑も濃くなってきましたね。

01060102.jpg
nice!(10)  コメント(0) 

グリーンブック [映画館に行こう]

310331.jpg【鑑賞日】 2019年3月31日
【映画館】 アポロシネマ8
【キャッチ・コピー】
行こうぜ、相棒。あんたにしかできないことがある。
【映画全体の印象】 (・_・)
【感想】
もう公開が終わろうかという時期でしたが、劇場は年齢層が高めの観客でほぼ席が埋まるくらいの盛況ぶり。

60年代アメリカの人種差別を描いた映画でしたが、観客の反応からすると、こうであったらいいのに、こうなって欲しいという気持ちがなんとなく場内に満ちていて、嫌悪感より温かい気持ちが勝ったような鑑賞になりました。


今日は新元号が発表されましたが、「令和」は「人々が美しくし心を寄せ合うことで文化が生まれ育つ」という意味が込められているとか。
次の時代、まさしく皆が心を寄せ合って、不合理な理由で不当な扱いを受けない世の中になり美しい文化が花開けばいいなと思います。

タグ:2019年映画
nice!(8)  コメント(0) 

アリータ バトル・バトルエンジェル [映画館に行こう]

310302.jpg【鑑賞日】 2019年3月2日
【映画館】 なんばパークスシネマ
【キャッチ・コピー】
天使が戦士に覚醒める
【映画全体の印象】 (^▽^)
【感想】
原作は日本のSF漫画「銃夢」です。
漫画の方は読んでいないのですが、映画を観ると、謎めいた出自の主人公が、実は300年前に失われた技術で造られた最強兵器だという設定は興味をそそられましたし、そのほかのキャラクターも個性的で味わいがありました。
また、ワクワクするガジェットの数々や奥行きのある世界観には、自然と口元が緩むくらい興奮していました。

観る前は、おめめクリクリの女の子という主人公の風貌を受け入れられるかと心配もしましたが、その人間らしい表情の豊かさからそれほど気にならなかったというか、サイボーグに関してはどれも人間味に溢れていたので、それは監督のロバート・ロドリゲスや脚本のジェームズ・キャメロンの色合いが強くでたのか、あるいは原作によるところが大きかったのか、ともかく、感情移入しやすかった気がします。

そして最後は続編がありそうな終わり方。また機甲術(パンツァークンスト)やモーターボールを観ることができそうで楽しみです!

タグ:2019年映画
nice!(10)  コメント(0) 

ミスター・ガラス [映画館に行こう]

310125.jpg【鑑賞日】 2019年1月25日
【映画館】 TOHOシネマズ梅田
【キャッチ・コピー】
“スーパーヒーロー”は、実在するのか?
【映画全体の印象】 (^_^)
【感想】
M.ナイト・シャマラン監督の「アンブレイカブル」の続編ということで楽しみにしておりました。

コミックスに描かれてあるものは時代を映す鏡であり、それは現実世界そのものであるというテーマは前作と同じですが、今作はヒーロー(善)とヒール(悪)という両極のバランスに加えて、現実と非現実の曖昧さや、異常を正常に戻そうとする揺り戻しみたいなことも盛り込まれていて、やはりこの監督さんらしいエキセントリックで凝った展開のある作品でした。
前作のあの人やあのシーンも登場し、それがいろいろ繋がっていたりとその伏線の張り方や回収の仕方も大変楽しめました。

映画を観たあと私も、自分が認識する世界と並行して別の知らない世界も存在するのかもという感覚に囚われましたので、これこそが監督さんの狙いだったのかもしれません。さすがです。

タグ:2019年映画
nice!(10)  コメント(0) 

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 [映画館に行こう]

31010101.jpg【鑑賞日】 2019年1月1日
【映画館】 アポロシネマ8
【キャッチ・コピー】
史上最強の敵に、試される仲間の絆―
【映画全体の印象】 (・_・)
【感想】
毎年恒例の元日映画鑑賞、今年は観たいと思う映画がなく半ば仕方なしという感じでしたが、期待していなかった分とても楽しめた気がします。
お話の世界観は楽しいし、謎めいてもいるし、とにかく魔法がすごかった。
前作とハリー・ポッターシリーズを観ていたこともよかったかもしれません。
あと私の場合、素敵な女優さん(キャサリン・ウォーターストン)がいると、たいがいの映画は間が持ちます。


映画の後、新年最初の外食は昨晩と同じく、お蕎麦。
しかも、よく知るお味のもの。
もちろん、お店には誰一人見知った人はいませんが、働いている人達に“元日出勤ごくろうさま”と心の中で呟く。

31010102.jpg

このあと、セール中の古本屋さんを回り、新年らしい雰囲気の繁華街を歩きました。
今年は特に、ゆっくりすることの幸せをかみ締める感慨深いお正月だったような気がします。

nice!(10)  コメント(0) 

人魚の眠る家 [映画館に行こう]

301222.jpg【鑑賞日】 2018年12月22日
【映画館】 なんばパークスシネマ
【キャッチ・コピー】
娘を殺したのは、私でしょうか。
【映画全体の印象】 (・_・)
【感想】
人の死の判定基準はどこにあるのか?
心臓と呼吸が停止し瞳孔が開いた時なのか、脳の機能が完全に停止し回復の見込みが無いとされた時なのか。
もし、それが最愛の家族の身に起こったことならば、果たして法律や医学の縛りで割り切れるものなのか、その時家族や周辺の人は脳死とどう向き合うのか、そういうお話です。
原作は東野圭吾、監督は堤幸彦ということで、安心して観られる作品でした。


この日は、友人と忘年会代わりに映画を観ての食事。
失礼ながら、彼ならこんな重くて難しいテーマの映画ではなく、エンターテイメント性の高いわかりやすい映画を選ぶだろうと思っていましたが、意外にも。
詳しく感想は聞きませんでしたが、どうもよかったようだ。年齢を重ねると趣味や好みも変わってくるのでしょう。

30122201.jpg

でも、おっさんらしからぬ夕食メニューは昔のまま。

最初、ハンバーガーで1493円はまあまあの値段だなーと思いましたが、パテの肉肉しさとこのボリュームなら満足感あり。たまにこういうのを食べると、やっぱりうまいなーと思います。

タグ:2018年映画
nice!(11)  コメント(2) 
前の10件 | - 映画館に行こう ブログトップ